サーバをmixhostに乗りかえたらGoogle PageSpeed Insightsが爆速になった

このブログ、もともとはさくらサーバで運用してた「ここはまかせろ先に行け」というブログだったんだけど、いろいろと問題が出てきたので、ズバッとmixhostに引っ越しして、一気に解決を図った。

いちばんの問題は、サーバのスピード。さくらサーバ時代は表示が完了するまで遅かった。これだけ遅いとSEO的にもマズいよね……

で、mixhostにしてみたら体感的には「爆速」となった!




▲mixhost。速いが、そんなに高いわけではない。コンパネもモダンでWordpress設置もカンタン。

ブログの表示が遅い サーバのエラーが増えた 引っ越しで一気に解決を図る

さくらサーバ、もともとそんなに速くはなかった。

さらに、2018年6月ごろから、なぜか表示がものすごく遅くなり。遅いだけでなく、Wordpressをダッシュボードから操作してるとサーバエラーが返ってくることが増えた。

これ、サーバのせいでなく、こちらのミスのせいかもしれないんだけどね。

しかし、Wordpressをマルチインストール環境してしまったせいで、検索しても参考事例が皆無。問題の切り分けが難しい。

そこで、サーバを引っ越すという抜本的な改革で一気に解決を図った次第。

サーバをミッスクホストにしたらGoogle PageSpeed Insightsが爆速に

さくらサーバとmixhostで、Google PageSpeed Insightsの速度を比較してみよう。

まずパソコンの場合。

▲旧ブログ。30ですか……道理で遅いわけだ……

▲mixhostだと83。体感的には爆速。じっくり煮詰めればもっとスピード出るはず。

次にモバイル。

▲旧ブログ環境だと49。遅い。

▲mixhostだと61。今ひとつか。セッティングを煮詰めないとな。

mixhostはWordpressダッシュボードのレスポンスも速い。操作しててストレスが無い。

ブログをWordpressでスタートするときは、コストでなく速度で選びたい。

コストといっても、「速い」サーバと「安い」サーバで料金に大した違いはない。

後から引っ越そうとする手間が大変だから、結局は最初から速いサーバを選んでおくのがいい、と痛感した。

新たにドメインを取得し ブログタイトルを変更した

以前のブログ、ボクが設立した株式会社のドメイン(ryouzan.com)のサブドメインに旧ブログを設置していた。

しかし、このブログは会社とは別の個人のブログだよね、ということで新たにドメインを取得した。

kazu.loveというドメイン。

ドットラブ。愛ですわ!

ついでに、ブログのタイトルも、ボクの名前の「カズナリ」にした。

https化してSEO対策した

2018年7月。もうそろそろhttps化しないと、chromeから怒られるらしい。

SEO的にまずい。

検索してみると、できるだけ自動化するような事例も多数ヒットする。

しかし、

  • WordPressをマルチからシングルに
  • ドメインを変更
  • https化

を一気にやってしまおうとすると、ボクのスキルでは自動化はムリ。

根性で、手作業で移行するついでに、https化もやった。

しんどかった……

さらにGoogle PageSpeed Insightsを煮詰めていきたい

というわけで、サーバを乗りかえ、ドメインを新しく取得し、ブログのタイトルも変え、https化し、準備は整った。

全部手作業なので大変だった。というか、旧記事の移し替えでもうしばらくは大変なんだけど。

環境は整ったから、バリバリ書いていきたい。

さらに、せっかく爆速のmixhostに乗りかえたので、Google PageSpeed Insightsの数字を煮詰めていきたいなー、と。