チロシンを飲めば集中力とやる気が高まりダイエットもはかどる

どうも。1日の3分の2は空腹に飢えてるカズナリ(@kenkonkenn)です。

チロシン、って知ってます?

チロシンはアミノ酸の一種。「やる気」や「意欲」の元となる。そのへんの食品にもフツーに含まれてて、副作用がなく安全な成分だ。

サプリメントとしてチロシンを取れば、集中力をガッと上げて作業をビシッと終わらせる、みたいな効果も期待できるので、さっそく飲んでみたら……!

チロシンとはなんなのか? 「快楽」や「やる気」や「集中力」をアップさせるアミノ酸です

チロシンはアミノ酸であり、体内でドーパミンの元となり、そこからノルアドレナリンとなりアドレナリンとなる。

ドーパミンは外部からの刺激を伝える神経伝達物質で、快楽や意欲にかかわり、やる気を高める。

アドレナリンは心拍数を高める、血圧を上昇させるなど、肉体を臨戦態勢にする。ノルアドレナリンは注意力を高め、集中力を上げる。

つまり、チロシンを取ると、快楽や意欲ややる気が増し、肉体は活動的になり、集中力も上がる、ということか。なんだかスゴい効果だなチロシン……!

しかし、それだけ効果が大きいなら副作用もあるんじゃない?

チロシンは安全なのか? そのへんの食品に含まれてるし安全だよ

ざっと調べたところ、チロシンに毒性はないようだ。

チロシンには毒性がなく、有害事例の報告はない。

と、Wikipediaにも書いてある。

そもそも、チロシンは食品によく含まれてる成分だ。

発酵が進んだチーズや納豆の表面に白い結晶があらわれ、ジャリジャリした食感になることがあるけど、あれがチロシン。けっこう美味いよねアレ。

タケノコを茹でたときの表面の白い結晶もチロシン。

毒性や目立った副作用はないが、先に書いたように「やる気」や「意欲」を向上させ、集中力を上げてくれるスゴい効果を持つ。そんなにいいものなのに、なぜか日本国内ではサプリメントとしてはメジャーではないが、アメリカでは人気があるサプリだ。iHerbで検索するだけで多数の製品がヒットする。

iHerbでチロシンを見てみる

プチ断食で空腹がツラいからチロシンで乗り切れないか

プチ断食のひとつ、リーンゲインズ法を実践している。

【関連記事】ボディメイクとダイエットとアンチエイジングのためには1日1食がいいんじゃない? | カズナリ

一日24時間のうち、食事する時間を8時間におさめ、残る16時間は空腹を保つ、という食事法だ。

プチ断食、本格的な断食ほどハードルは高くないが、自然にカロリーを抑えて体重を減らし、さらには自食作用(オートファジー)によって身体が若返る、という効果がある。

私は11時から19時に食事し、あとは食べないという生活リズムをここ数年で作り上げた。おかげで体調はなかなかいいんだけど、空腹がツラい。

起床は6時だから、11時に朝食を取るまでの5時間、空腹に耐えながら仕事をしてて、そこをチロシンでブーストすることで乗り切ることができないか、と考えた。

朝メシ前の5時間で仕事を終わらせる挑戦

「思考の整理学」という本に、「朝飯前」についての記述がある。

朝食前の仕事は、胃袋に血が行ってないからすごくはかどる。だったら朝メシ抜いて1日2食でいいよ、みたいな感じ。

たしかにそのとおりで、起床直後からその日初めての食事するまではゴールデンタイム。作業がはかどる。

しかし空腹がツラいのも事実。調子いいときは「気づいたら11時だったわー。もうメシの時間!」みたいな感じで、これが理想的な「朝飯前」なんだが、いつもそうはいかない。

だいたい9時ごろでいったん集中力が切れ、飢餓感が強まり、しかし気合いでなんとか11時までがんばる、みたいなことが多い。それでも、食事して胃袋にものが入ってるときよりは生産性は高いんだけど。

たまにガマンできなくて10時半ごろに食事してしまうこともあったりするが。

で、飢餓感で集中力が切れる前、8時ぐらいにチロシンを飲んでみたら、調子いいときのように11時までラクに集中力が続くので、とてもいいんじゃないかチロシンと思い、この記事を書きました。

▲アマゾンだとナウフーズのチロシン500mg、120カプセルで750円+送料500円

iHerbだと同じ製品が1,125円+送料なんだけど、セールで異常な割引率になることもあるので、セール期間中にプロテインなどとまとめて購入して送料を浮かす、というのがいちばんおトクか。