「転職したり、フリーランスだったり、離婚を経験した人は知らないと損する、年金の話」(著者 浜田 裕也)を読んだ

社会人になって一度、転職した。

先日、退職して起業した。法人を設立した。

そこで、気になってくるのが年金。これまでは年金は給料から天引きだったが、今後は法人として納めていくわけで。

この本、年金の基本的な知識を学ぶにちょうどよかった。

公的年金は3種類あって3階建の構造になっている

働き方で加入する年金は変わる

第1号被保険者

自営業者、失業者、フリーターなどが該当する。
国民年金に加入する。

第2号被保険者

会社員や公務員が該当する。
国民年金と、厚生年金(会社員)や共済年金(公務員)に加入する。
企業年金に加入する場合もある。

第3号被保険者

第2号に扶養されている専業主婦(主夫)が該当する。
国民年金に加入する。

所属した組織によって自分が何階にいるかが決まる

よく例えられるように、年金は3階建の構造だ。

すべての被保険者は国民年金に加入しており(1階部分)、
第2号被保険者は厚生年金(会社員の場合)にも加入しており(2階部分)、
第2号被保険者が務める企業などによっては、企業年金を用意している場合もある。(3階部分)

国民年金を受け取るには条件がある

国民年金を受け取るには、20歳から60歳までの間に、25年間以上加入するという条件がある。

満額受け取るには40年の加入が条件。つまり20歳から60歳まで全期間もれなく加入する、ということになるか……

転職者したり独立したり離婚したり 人生の転換期があったら年金加入履歴を確認しよう

転職して次の会社に就職するまでの無職だった期間の年金は?

フリーランスから会社員になったが年金はどうすれば?

海外で働いている期間があったが年金は?

第3号被保険者だったが離婚した場合の年金は?

こういったケースに、本書では一つ一つ丁寧な解説が載っている。

心配なら、年金事務所に相談に行くほうがいいが、その前の予備知識を仕入れるために本書を読んでおけば、手続きがスムーズにいくかも。

「ねんきんネット」である程度は調べることもできるが、アクセスキーが必要。このアクセスキーの用意がちょっとめんどう。

ネットで申し込めるのはいいとして、数日後に郵便で送られてくるってのはちょっと。

老後にどう備えるのか

公的年金の話だけでなく、老後のお金をどうするのか、という話も載っている。

公的年金だけで暮らしていくのは、現時点でも現実的でなく、将来にはますます受け取れる年金の額は減っていくからだ。

60歳の日本人男性の平均余命は約23年。60歳以降も働くにしても、多くの場合は収入はそれ以前より減っていく。

どうするのか、戦略は必要だ。