クロックスを買った ジャストサイズのクロックスは最高のサンダルだ!

クロックス、ブラッと買いものしたり、そのへんを散歩するときに便利。

それだけではない。

ただのゴムぞうりかと思いきや、きちんとサイズを合わせれば、足にフィットして長時間のウォーキングにもいい

そんなわけで5年間はきつづけたクロックス、靴底がすり減り、はがれかけて、そろそろ崩壊しそう。

潮時か、ということで買いかえた。

白いクロックス

▲今回買ったクロックスはクロックバンドのホワイト

最近、身の回りのものは白を選ぶようになった。

▲目にまぶしい白いぞうり

消耗したオジさんだからこそ身につけるものは清潔感を。

でもすぐに薄汚れるか……

▲サイズは27センチ

クロックス5年間の変化

▲5年間歩みを共にした旧クロックスとニュークロックス

かなーりシルエットが違う気がするが違うモデルだから?

▲ストラップの長さが新旧で異なる

いちばん気になるのがストラップの仕様。

ストラップをかかとにかけると脱げにくくなり、長時間のウォーキングも快適なのがクロックスのいいところ。

ニュークロックスはストラップがかなり短い。

クロックスはジャストサイズを選ぼう

▲ユニクロのエアリズムステテコとクロックスで夏の軽やかなオジさんスタイルが完成する

クロックス、カジュアルなサンダルとして愛用している人は多く見かけるが、オーバーサイズを履いてる人がほとんど

嫁もそう。

嫁といっしょに買いものに行くと、クロックスを引きずるようにしながら歩いている。

オーバーサイズのサンダルは、歩きにくい

しかしジャストサイズをはき、ストラップをかかとにかけるとあら不思議。

よくフィットしたスニーカーぐらいに歩きやすくなる

僕の旧クロックスは27センチで、買った当初はつま先が当たって痛かった。

もうワンサイズ大きいのにすればよかったかと後悔した。

しかし、はいてるうちになじみ、痛いところがなくなり、最高に足にフィットするサンダルとなった。

3時間ほどウォーキングしたこともあるが、ほんとうにラク。足への負担がない。

新しいクロックス、やっぱりつま先が少し当たっていたいんだけど、がまんしてなじませていこう。