iPhoneXに世界最薄レベルのケースを装着し NINJA LOOPを自作してみた

iPhoneXs、買い換えるほどでもないな、ということで現在使用中のiPhoneXの続投を決定した。

そこで気になるのが、iPhoneXに装着しているバンパー。

かさばるのがいやでバンパーを選んだのだが、実はこれけっこうiPhoneがデカくなってしまう。

やっぱりポリカーボネートの透明なジャケットがシンプルでいちばんいいのかも、とアマゾンで探してたら世界最薄レベルのジャケットを見つけてしまった。

買ってみたら、これが付けてないぐらい薄くて軽く……!

▲たぶん世界最薄、0.3mmのiPhoneXケース

iPhoneXのパンパーはけっこうかさばる

▲バンパーとストラップを装着して運用中のiPhoneX

iPhoneX、絶対に落とせないのでストラップを付けたい。

なので、ストラップを装着できるバンパーを装着している。

▲KYOKA iPhoneXバンパー

このパンパーは樹脂製。パカッとはめ込んで装着する。

シルバーの部分はメッキで高級感はあんまりない。

▲レザー製ストラップ

レザーをヒモで縫った構造で、金属部品がないのでスマホを傷つけない。

▲iPhoneXとバンパー

バンパーは背面が無いからかさばらない、なんて幻想だった。

バンパーを外すと、iPhoneXってこんなに小さかったのかとおどろく。

▲iPhoneXに直接ストラップを装着できればいいのに……

▲サイレントスイッチは厚いバンパー越しの操作なのでけっこうつらい

0.3mmの極薄ジャケットを買ってみた

バンパーつけてると、せっかくのカッコいいiPhoneXが台無し。

やはり昔ながらの薄いポリカーボネートのジャケットがいちばんいいのか。

薄ーいジャケットは無いのか。究極に薄いやつ。

……と、アマゾンで探してると、ホントに薄いケースを発見したので思わず発注した。

▲memumiのアイフォンXカバー

▲0.3mmってマジ!?

通常のポリカーボネートのジャケットだと、厚さは0.5mmから0.8mmほど。

0.5mmともなるとかなり薄いはずで、ほんとにその薄さ実現してる? と疑いたくなるレベル。

▲驚異の薄さ0.3ミリ!

しかしこのmemumiのジャケット、薄さが0.3mmだという。

この薄さ、PP(ポリプロピレン)製だから実現できているのだろう。PPはポリカーボネートよりも薄く成型しやすい。

しかし柔らかくて強度は低い。

PPは食品包装につかわれることが多く、たとえば冷食のシュウマイのトレーなんかはPPであることが多い。

▲memumiというきいたことないメーカー

シュウマイトレーを想像してみればわかるように、加工しやすくとも強度は低いから、スマホのジャケットやカバーに使われることはあまり無いような気がする。

▲手にしてみると、まさにシュウマイトレーのあの感じ

スマホ用ジャケットとしては異常に薄くて軽い。

簡単に手で引きちぎれそう。

▲極薄なので装着してもiPhoneXは大きくならないはず

▲スイッチ穴などの精度はどうだろうか

高精度でiPhoneXにピッタリだった

▲さっそく装着

公式によれば、まずサイレントスイッチ周辺から合わせ、

▲力まかせにはめこむと伸びてダメになりそうなほど薄い

次に電源スイッチ、そして最後に下部をはめこもう、とのこと。

▲完成

▲スイッチ周辺

精度は高い。

▲カメラ周辺のようす

カメラ周囲はわずかに高くなっており、背面を下にしておいてもレンズ部が直接擦れるのを防いでくれる。

▲ライトニング端子周辺

スピーカー穴も合わせ、完璧な精度。

▲電源ボタン周辺

▲サイレントスイッチやボリュームボタンのようす

▲画面周囲

全体的に、パーフェクトな精度ではないだろうか。

ストラップがないとイヤなのでNINJA LOOPを自作してみる

memumiの0.3mmジャケット、軽くて薄くて精度が高く、裸のiPhoneと大きさがほぼ変わらないのがメリット。

しかしそれはデメリットでもある。

保護機能はゼロに等しい。擦り傷は防止できるが、落としたときの防護は期待できない。

これはそういうコンセプトの商品なので、買うならそこを納得して買いたい。

ところで、私がiPhoneにバンパーやジャケットを着けるのは、ストラップを付けて落下を防ぎたいから。

iPhoneに直接ストラップを付けられるなら、ジャケットは無くてもいいんだけど。

iPhone5の大きさまでなら、掌で握れるからストラップ無くてもぜんぜんいいんだが、iPhone6ぐらいからちょっと怪しくなる。

iPhoneXやiPhone6Plusぐらいになると、ストラップがないと怖くてそのへんで電話もできない。

電話壊れたらそこで仕事終わりだから……

memumiの0.3mmジャケットは、ストラップを付けられる構造ではないが、そこをなんとかならないかと試行錯誤した結果……

▲カメラ穴を利用してストラップを取り付けた

coolな0.3mmジャケットが一気に台無し……

▲むりやりヒモを入れたのでスイッチ周辺が歪んでいる

ごめんなさいねmemumiさん……

▲このように指を通せば落下防止に

このストラップ、とても使い勝手がいい。リングみたいにかさばらないし、Qi充電もできるし。

見た目以外はまったく問題無い。

この構造のストラップは、NINJA LOOPという製品をマネしたもの。

NINJA LOOPではリボン状のストラップを使っている。

簡単な構造なので自作しようと思い、手芸店を探したがちょうどよいリボンが無く、ひとまず包帯状のヒモでやってみたら、これがものすごい便利。

しかしむりやりヒモをはさむから、ジャケットに負担がかかってて、そのうち伸びてゆるくなってくるかも……

自作NINJA LOOPを改善する

▲100円ショップで入手したバイアステープ

その後、自作NINJA LOOPに適したテープを探し回り、入手したのがこれ。

iPhoneXはカメラ穴が縦長なので、12ミリ幅のテープでもギリギリ。

▲自作NINJA LOOPを装着

幅は大丈夫だった。

テープが薄いので、試作段階のようにケースが歪むこともない。

▲手タレは嫁

短すぎても、長すぎても使いにくくなるから、ストラップの長さはいい感じのところに調整しよう。

▲こんなところか

iPhoneXを持つと自然に指がストラップに通っているので、落下防止となる。

リングのようにかさばらないし、当然ながら無線充電もOKと、なかなかいい。