ジオラインを着たら快適だったのでレビューする 防寒アンダーウェアの決定版!

どうも。寒がりなカズナリ(@kenkonkenn)です。

寒いのが苦手なので、モンベルの防寒アンダーウェア「ジオライン」のシャツとタイツをゲット!

1週間着てみたが、これパーフェクトなアンダーウェアで、手放せなくなり。すでに冬の第2の皮膚。

防寒アンダーウェアというとユニクロのヒートテックが人気なんだけど、ジオラインはその数倍のお値段。それに見合った価値があるのかどうかーー?

ということで、ジオラインのレビュー書く。

ジオラインとはなにか 高性能素材で作ったアンダーウェアです

ジオラインとは、アウトドア用品メーカーのモンベルが開発した高性能素材の名称だ。さらに、ジオライン素材で作られたアンダーウェアそのものも「ジオライン」と呼ばれている。

ジオラインは生地の厚さが3種類ある。

ライトウェイト(薄手)はオールシーズン向け。

ミドルウェイト(中厚手)やエクスペディション(厚手)は、スノースポーツや登山向けとなっている。

ジオラインはさまざまな特長を持っており、防寒用のアンダーウェアとして性能は高い。

寒くなりはじめた11月中旬、店頭で試着し、中厚手のラウンドネックシャツ(4,300円)とタイツ(4,200円)を購入した。

冬のアウトドア仕事は寒くてツラい

なぜこれほど高価なアンターウェアを購入するのか。冬山にのぼったりするわけではない。

私の仕事は、スーツやジャケパンにネクタイを締めてお客さんの工場に訪問し、屋内で打ち合わせし、現場でブツを確認したりする。

冬はとにかく寒い。産廃業界で仕事しており、取引先の工場は海のそばや山の中の工業団地や富士山のふもととかにある。

こういうところは都会とは寒さのレベルが違う。強い風が吹いてて、しばらく屋外に立ってるだけでガンガン体温が下がり、体力が低下していく。

下手すると体調を悪くすることも。風邪引いたりすると仕事に影響があるので、ウェアで対策しようと考えたのが、ジオラインを購入した動機だ。

汗冷えで体温を奪われるのがいちばんツラい

電車を乗り継ぐ、早足で歩くなどすると汗をかく。

訪問先の会議室がエアコンききすぎで汗をかくこともある。

汗をかく、冷える、また汗をかく。汗を吸った衣類が冷気で冷えて、体温を奪われる。これを「汗冷え」という。

冬登山みたいなエクストリームな状況では、汗冷えは体温低下を招き、命取りだそうで、それを防ぐための高機能なウェアが発達している。ジオラインもそのひとつ。

当然、屋外で仕事するときにもこの高機能アンダーウェアは使えるわけで、ジオラインは山に登る人以外にも、防寒用途で人気が高いそう。

ジオラインの保温性能 生地に暖かい空気を保持する工夫

ジオラインは吸った汗を素早く乾かすので、汗冷えしないのだが、保温性能そのものも優れている。

  1. 生地層に暖かい空気を保持するボックス構造
  2. 繊維に暖かい空気を保持するマイクロファイバー
  3. 特殊セラミックによる遠赤外線効果

といった特長がある。

一見、スケスケの薄い生地なんだけど、不思議なくらい暖かい。

ジオラインの快適性 汗はすぐ乾き 臭わず 静電気なし

化繊のアンダーシャツって、なんだかチクチクして肌触りが不快なんじゃないか、という心配があったが、着てみるとまったくそんなことはない。綿のシャツと変わりない。

汗がすぐに乾くので綿より快適かも。

ストレッチ生地なので身体にフィットするが、締め付け感がなく快適だ。

また、銀イオンによる制菌効果により、汗をかいて乾いても不思議なほど臭わない。1週間、毎日着用してみたが、まったく臭わない。まだまだいけそうだったがさすがに洗った。

カーボン繊維が入ってて、静電気が起きにくいのもいい。

モンベルには「メリノウール」もあるけどどっちがいいの?

ところで、モンベルの店舗に行き、アンダーウェア売り場で必ず迷うのが、

「ジオライン以外にメリノウールというのもあるけどどうなの?」

ということ。

私も迷ったので店員さんに聞いてみた。

メリノウールはその名の通りウールで、ジオラインとは特長が違う。まとめると次のとおり。

  • 動く>止まる>動く……のような状況(登山やウィンタースポーツ)はジオラインがオススメ。汗冷えを防げるから。
  • じっとしてることが多い(魚釣りや野鳥観察)ならメリノウールがオススメ。保温力そのものはメリノウールのほうが高い。オフィスで座りっぱなしの冷え性の人にもこっちがいいかも。
  • 敏感肌で化繊がダメならメリノウールがいいかも。

などなど。

私も店頭でけっこう迷ったが、汗冷え対策が第一なのでジオラインを選んだ。

で、ジオラインがあんまりいいので予備を買いに行ったんだけどメリノウールも試してみたくなって一組買ってみた。

比較検証できたら、また記事書く。

実際にジオラインを着てみてどうなの? ヒートテックと比較したメリットとデメリット

ジオラインを着はじめて1週間たったのだが、これはもう手放せない。

▲ジオライン着用の図

▲側面から

ユニクロのヒートテックと比較してみて、メリットとデメリットをまとめてみよう。

ジオラインは汗冷えしない

何度も書いてきたが、ジオラインは汗冷えしない。ヒートテックは汗冷えする。

ヒートテックも保温効果は高いだけに、エアコンききすぎな電車や会議室では汗をかきやすい。

電車に乗る>10分ほど早歩きする>室内で会議>また歩く……みたいな状況だと、ヒートテックは確実に汗冷えする。

汗をかいている、という自覚がなくとも、防寒装備でちょっと運動すると、実はけっこう汗をかいているもの。

ジオラインだと、すぐに汗で濡れた感触がなくなって常に快適だ。

保温効果自体も、ジオラインのほうが上か。ジオラインは着た瞬間から暖かい。

ジオラインは締め付けない

ヒートテックにも色々な種類があってすべてがそうではないか、締め付けがきついものがある。特にタイツはちょっときついかな、と。

ジオラインは生地が柔らかく、大きく伸び縮みするので、締め付け感はほとんどない。

ジオラインは臭わない

ジオラインは不思議なほど臭わない。

ヒートテックは、着用して汗かいて乾いて、……をくり返したら普通に臭う。

ジオラインは静電気が発生しない

ヒートテック、静電気が怖い。ふとしたときにバチッと来る。

重ね着したり脱いだりするときはもうバリバリ静電気が来る。

ジオラインは静電気なし。

なお、静電気がイヤなのでフリースみたいな化繊のジャケットはもっておらず、ジオラインと重ねるとどうなるかは未検証。

ジオラインのデメリットはなに?

比べてみたら、すべてにおいてヒートテックよりもジオラインが優れていたわけだが、これは両者の価格からすれば当然のこと。

セール価格なら800円程度で入手できるヒートテック、コスパという観点からすれば悪くない。というかとても優れた防寒アンダーウェアだ。

ジオラインのデメリットは価格が高いことだが(シャツ1枚で4,300円もする)、ここまでまとめてきたように、それだけの価値はある。

防寒アンダーウェア ジオラインのまとめ

寒暖の差が激しいと、汗冷えで体温が低下し、体力が奪われる。

これは冬登山だけでなく、エアコンの効きすぎた室内と寒い屋外を行き来する都会生活でもよくあること。

保温能力が高く、汗冷えも防げ、着心地もよく、静電気もないジオライン。

厳冬期を快適にすごしたいなら、この高機能なシャツとタイツに投資するのは悪くないのではないだろうか。