理想的なシステム手帳 ノックスブレインの「LUSSO」(ルッソ)を入手した

システム手帳に、夢を達成目標として書き込み、行動し、進捗を確認する。

そのために長期的な酷使に耐えるバインダーが欲しい。

と考えてたら理想的なバインダーが見つかって思わず買ってしまった。

理想的なシステム手帳のバインダー ノックスブレインの「LUSSO」(ルッソ)

▲ではさっそく、開封の儀を。

▲ノックスブレインのLUSSO(ルッソ)。イタリア語で「さりげない贅沢」という意味だそうで。

▲「イタリア植物鞣し本革組合」認定の名門タンナーで作られたショルダーレザーを一枚仕立てで作ったバインダー。

▲牛原皮のショルダー部分を、伝統的なバケッタ製法で植物タンニンなめししたレザーです。

タンニンなめしなので、つかいこめばエイジングが楽しめるはず。店頭にあったサンプルは、ツヤが出ていい感じになっていた。

▲革一枚、ぶった切ってリングを縫い付けただけの構造。ポケットも、ベルトも、ペン差しもない。

クラウゼリングがガンメタルで重厚な雰囲気。

▲実は一枚革ではなく、リング周辺は革を2枚つかってる。

2枚の革が重なる部分は、革を薄くすいてある。

背表紙の部分だけ厚ぼったくなることを防ぎ、美しい一枚革のようなラインを創り出している。

▲縫い目は、背表紙のこの部分だけ。

「革」にコストを全フリしたシステム手帳

▲「イタリア植物鞣し本革組合」が発行するシリアルナンバー記載の品質保証表示札が、同梱されている。

▲裏側。

このバインダー、定価16,000円と、構造が単純なわりにはけっこうなお値段。

16,000円でも、ポケットやペンループがついた機能的なバインダーは普通に店頭に並んでいる。

ここからは推測なんだけど、システム手帳という製品を作るにあたり、革や縫製やパーツ割りなど、どこにコストをかけるかによって製品の個性が出てくる。

コスト度外視して、最高級のコードバンを、日本の職人が手間ひまかけて作れば、それはもういい製品ができあがるはず。実際、5万円以上もするバインダーもあって、それはもうウットリするようなできばえ。

いっぽうで、お値段を16,000円程度にしたいなら、革も縫製もそれなりにコストダウンしなければならない。

製品もそれなりのものにしかならない。店頭で、1万円台と2万円台のバインダーを比較してみれば、安いほうはやはり値段なりのものだということに気づく。

このルッソというバインダーは、限られたコストを「革」に全フリしてしまったという、尖った製品。

触ってみるととてもいい革を使ってることがわかるが、構造はシンプルなので作るコストは低いはず。

ぼくはこういうのを探していたので、喜んで買ったわけなんだけど、システム手帳があまり売れるわけでもない今の時代、こんなに尖った製品を発売した、攻めてるノックスブレインの姿勢に拍手を送りたい。

……しかし尖りすぎててウケなかったのか、すでに製造中止なんだけど。

システム手帳にポケットもペンループも不要な理由

正直なところ、システム手帳にたくさんあるポケット、いらないなと思ってた。

カードって財布に入れるし。システム手帳自体を財布にしてみたこともあったが、手帳としても財布としてもつかいにくい代物ができあがったので、やめてしまった。

ベルトも不要。筆記の邪魔。

ペン差しも不要。ペン差しの位置や形状によっては、愛用のペンが差せない。

▲ルッソには、これをつかっている。ペン差し問題は、このアイテムでほぼ解決するのでは。