「7つの習慣」と「フランクリン・プランナー」と「ベンジャミン・フランクリン」はどういう関係なのか 優れた人格の養成こそが成功への近道だ

システム手帳の運用にフランクリン・プランナーを取り入れようとしているんだけど、気になることが。

「7つの習慣」と「ベンジャミン・フランクリン」と、「フランクリン・プランナー」の関係だ。

自己啓発書のベストセラーと、アメリカ建国の父と呼ばれる偉人と、手帳術の一種であるフランクリン・プランナー。この3つの要素、なにがどうつながっているのか。

調べてみた。

ベンジャミン・フランクリンが道徳的な人格の完成をめざした

まずは時系列で3つの要素をならべてみよう。スタートはベンジャミン・フランクリン。

ベンジャミン・フランクリンは日本では「雷落ちてるときに凧揚げしてなにかをアレした人」ぐらいの認識だが、調べてみたらアメリカではスーパーヒーローぐらいのあつかいだった。

印刷業で成功し、政界に進出してアメリカ独立のために働いた。政治家であり、外交官、著述家、物理学者、気象学者でもあり、アメリカ合衆国建国の父とされているそうな。

そんなベンジャミン・フランクリンが生まれたのは1706年。日本はまだ江戸時代中期ごろ。

1728年、フランクリンが22歳のとき「道徳的完成に到達しよう」と思いつき、人生にとって最も大切なものを考えはじめた。えらいこと思いつくよね。

3年後、フランクリンは人生にとって最も大切なものを、13の価値観にまとめあげた。フランクリン・プランナーの解説書にも書いてある、あれ。

ウィキペディアによれば、以下のとおり。

  • 節制……飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。
  • 沈黙……自他に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。
  • 規律……物はすべて所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。
  • 決断……なすべきをなさんと決心すべし。決心したることは必ず実行すべし。
  • 節約……自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。
  • 勤勉……時間を空費するなかれ。つねに何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし。
  • 誠実……詐りを用いて人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保つべし。口に出だすこともまた然るべし。
  • 正義……他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。
  • 中庸……極端を避くべし。たとえ不法を受け、憤りに値すと思うとも、激怒を慎むべし。
  • 清潔……身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。
  • 平静……小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。
  • 純潔……性交はもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、これにふけりて頭脳を鈍らせ、身体を弱め、または自他の平安ないし信用を傷つけるがごときことあるべからず。
  • 謙譲……イエスおよびソクラテスに見習うべし。

フランクリンは、この13の価値観を管理するため、手帳を活用したという。

まずは、1週間に1つの価値観を徹底的に実践するようにした。

それ以外の12の価値観は、手帳に表を作り、実践できなかった日は「●」を書き入れ、黒丸を減らす努力を重ねたという。

20代のころにこういったことを考え、習慣といえるほど徹底的に実践したからこそ、ベンジャミン・フランクリンの成功と偉業があったのかもしれない。

1790年、ベンジャミン・フランクリンは84歳で死去する。

フランクリン・クエスト社がフランクリン・プランナーの元を作った

ベンジャミン・フランクリンはアメリカ人に建国の父としてたたえられ、その自伝はロングベストセラーとなった。

▲アマゾンレビューの評価も高く、おもしろそうなので読んでみよう!

時代は下って1981年、ハイラム・スミスがフランクリン・クエスト社を設立する。「フランクリンを探求する」という社名だ。

ハイラムは、ベンジャミン・フランクリンが自己の価値観を定め、日々の実践にまで落とし込んだ手帳に注目した。そこから開発したのが、フランクリン・プランナーの元となった「デイ・プランナー」だという。

ハイラム・スミスってどこかできいたことあるな、と思ったら。

▲この本の著者だった。アマゾンレビューの評価も高く、何度も読みこんでいる人が多い。こういう本はいい本の予感がする。

古い本なのでKindleになっていないのが残念だが、いずれ読んでみたい。

「7つの習慣」が人格主義の回復を宣言した

1989年、アメリカで「7つの習慣」が発刊された。

著者のスティーブン・R・コヴィーは、この本を書くにあたり、アメリカ建国以来200年分の「成功」にかかわる文献を調査した。

直近の50年は、コミュニケーションスキルやポジティブシンキングなど、応急処置的なテクニックを解説するものがほとんど。

いっぽう、その前の150年間は、誠意、謙虚、勇気、正義、忍耐、勤勉、節制、黄金律といった、不変の「原則」に基づく優れた人格の養成を重視していた、という。

著者は、はじめの150年の成功にかかわる要素を「人格主義」と呼び、そこから成功にいたる法則を「7つの習慣」として提示した。

昔のアメリカ人は、優れた人格の養成こそが成功に結びつく、と認識していたんだろうね。

時代が下るにつれ、成功に「時短」が求められるようになった。長期的な取り組みが必要な「優れた人格の養成」は敬遠された。短時間で成功できそうな応急処置のニーズが増えた。

そんなところだろうか。

現在でも、書店をのぞけば、「10分で」「3分で」「秒速で」みたいなタイトルが並ぶ。しかし、たとえ遠回りに感じるとしても、成功するには人格を磨くしかないのではないか。

7つの習慣のサブタイトル「人格主義の回復」という言葉に、そんなことを思う。

フランクリン・クエストと7つの習慣が出会ってフランクリン・プランナーが誕生した

おもしろいのは、「7つの習慣」の発刊時には、ベンジャミン・フランクリンとも、フランクリン・プランナーの前身であるデイ・プランナーとも、直接の関連はなかった、ということだ。

当然、著者のコヴィーは「7つの習慣」を書くときの文献調査で、「フランクリン自伝」を読んでいるはすで、そういう意味では影響は受けているはずなんだけど。

コヴィーは1985年に「コヴィー・リーダーシップ・センター」を設立しており、そこで手帳を作っていた。

「7つの習慣」の第3の習慣、「最優先事項を優先する」ための、時間管理のための手帳だったらしい。

1997年、フランクリン・クエストと、コヴィー・リーダーシップ・センターが合併し、フランクリン・コヴィー社が設立された。このとき、デイ・プランナーにコヴィーの手帳の時間管理のプロセスを取り入れ、フランクリン・プランナーが完成した。

現在、日本では「フランクリン・プランナー・ジャパン」がフランクリン・プランナーを発売している。



▲フランクリン・プランナー・ジャパン公式オンラインショップ。

道のりが遠くても「人格を磨くこと」が成功への鉄則か

「ベンジャミン・フランクリン」「7つの習慣」「フランクリン・プランナー」がどう関連しているのか、ざっくりとまとめてみた。

ベンジャミン・フランクリンが、フランクリン・プランナーを直接設計したわけではない。

「7つの習慣」は、ベンジャミン・フランクリンともフランクリン・プランナーとも直接の関係は薄い。

しかし、本来は関係が薄いはずのこの3つの要素が、「成功への道筋は優れた人格の養成だよ」と、同じことをささやき、補完し合い、リンクしているような気がして、おもしろい。

ベンジャミン・フランクリンは13の価値観を実践し続け、人格を磨き、その後の成功を得た。

「7つの習慣」は、アメリカ合衆国200年におよぶ「成功」の文献をひもとき、人格主義を回復し、世界的なベストセラーとなった。

フランクリン・プランナーは、人格を磨くことを強要はしないものの、長期的な人生の成功を考えると、誰もがそこを目指さざるを得ないことに気づくツールとなっている。

これまでよくわからなかった三者の関係が、これでよくわかったので、フランクリン・プランナー的なシステム手帳の運用を続けるとともに、7つの習慣の新版と、フランクリン自伝と、TQを読んでみたい。