ノートに手書きする“バレットジャーナル”で仕事も生活もうまくいく

ノートに手書きで手帳を作る「バレットジャーナル」が海外で流行してて、日本でも脚光を浴びている。

バレットジャーナルとはなにか。

スマホでよくない?

手帳でいいよね?

女性のおしゃれなノート術でしょ?

そのへんの疑問を、まとめてみた。

バレットジャーナルとはなにか

インスタグラムで、

#Bullet journal

#bujo

などのタグで検索すると、モリモリにデコレートしたノートや、シンプルかつ美しくレイアウトしたノートがダーッと表示される。

ああバレットジャーナルとはこんな作品的なノート作りのことなのか、と勘違いしてしまいそうになる。

でも、そうではない。

バレットジャーナルの考案者はニューヨークに住むクリエイターのライダー・キャロル(Ryder Carroll)氏。

ライダーさんによるバレットジャーナル公式はこちら

ライダーさん、子どものころからスケジュール管理が苦手だった。それを克服するために、試行錯誤を重ねて2013年にバレットジャーナルを考案したという。

ライダーさんはバレットジャーナルを黒のペンだけで書く。イラストもない。

▲ライダーさんのバレットジャーナル解説。

ではデコレーションモリモリや美しいイラストを書いたノートはバレットジャーナルとしては邪道なのか?

そういうことでもない。

シンプルでも、デコレーションしても、どっちでもバレットジャーナル。

バレットジャーナル公式の入門解説(http://bulletjournal.com/get-started/)によれば、バレットジャーナルの本質は「ラピッドロギング」にある

Rapid Logging

素早く記録する、ぐらいの意味か。

素早く記録するためのルールとして、

  1. トピック(そのページのタイトル)を書く
  2. ページ番号を書く
  3. 箇条書き(バレット)で書く

といったものがあり、必要に応じてフォーマットを作ればいい。

なぜ紙とペンなの? スマホでよくない?

雑誌やウェブで、一流のビジネパーソンが、

「仕事はすべてスマホ一台で完結」

「ペーパーレスで効率アップ」

と唱えてても、本気で信じてはいけない

そのデキる人、本当にスマホ一台あればなんでもできる天才なのかも。

あるいは、会社のトップだから、スケジュールやタスク管理をアウトソーシングしてて、スマホ一台で仕事が完結する環境なのかも。

バレットジャーナル考案者のライダー氏は、スケジュール管理 が苦手で、試行錯誤した末に紙とペンにたどりついた。

そこから生まれたバレットジャーナルを、海外でも日本でも実践する人が増えている。

スマホとクラウドでなんでもできそうな時代だけど、バレットジャーナルがこれほど支持されていることには意味があるんじゃないか。

ボクも、一度はペーパーレスに憧れて紙の手帳やノートを捨てようとしたけど、生産性ガタ落ちした。

手帳とノートを復活させたら生産性が復活した。

スマホでなんでも管理できる人ならそれでいい。

でも、スマホだけではなんだかうまくいかない、という人はノートに手書きを試してみてはどうだろう。

なぜノートなの? 手帳でよくない?

「手帳病」という病気がある。

手帳シーズンになると(「手帳病」の人にとっての手帳シーズンは9月にスタートする!)そわそわしだして、来年はどんな手帳をつかうか悩み、何冊も買い込み、新年がはじまったらやっぱりこれじゃないわとまた手帳を探し、結局は手帳を一年間使いきることがない。

ぼくも昔は手帳病だった。

「理想の手帳など存在しない」と割り切ったら完治した。

バレットジャーナルなら、理想のフォーマットはいくらでも作れる

ノートに手書きだから。

おもしろいことに、フォーマットを日々手書きしてると、アイデアが湧き、改善され、どんどん洗練されていく。

記録の解像度が上がってくるというか。

解像度が上がると記録の手間が増えるので、そこはラピッドロギングとの兼ね合い。ちょうどいいところを探りつつ、ノートは変化していく。

一年も続けると、もうまったく別もののノートになってて、現在と過去のノートを並べて比べると楽しかったりする。

バレットジャーナルって女性のものじゃないの? いいえ男性にもおすすめです

「バレットジャーナル」でウェブを検索してみると、情報を発信しているのはほとんど女性だったりする。

インスタ映えする作品的なバレットジャーナルの可愛さが女性の感性にフックするのだろう。

しかし、先にも書いたように、バレットジャーナルはスケジュールやタスク管理のためのひとつの手法に過ぎない

高級ノートに美しいイラストを描いてもいいし、コクヨにガリガリ書いてもいい。

スマホや手帳での管理がしっくりこないという男性には、ぜひバレットジャーナルを試してみてほしい

とくにビジネスにおいては、バレットジャーナルに限らず、「手で書く」という行為はよい効果があると改めて感じている。

▲コクヨのB5中横罫ドット入り、紙が薄いやつ。

通常のコクヨノートより紙が薄い。

30枚ということもあって軽くて薄く、ビジネスパーソンがカバンにつっこんでもジャマにならない。

安いので惜しみなく消費でき、品質が高く、ドット罫線は便利で、最近はずっとこれ使ってる。