トラベラーズノートパスポートサイズ ブルーを「サイフ手帳」にカスタマイズしてみる

トラベラーズノートパスポートサイズを買った。

手帳と財布を合体させたく、今までいろいろな手帳で試してきて、どれも一長一短だった。トラベラーズノートパスポートサイズは果たして、財布と手帳が合体した「サイフ手帳」としてつかえるのか……!?

トラベラーズノートパスポートサイズ ブルーはこんな手帳

▲(左)手帳用ミニボールペン (中)トラベラーズノートパスポートサイズ ブルー (右)トラベラーズノートジッパーケース

サイフ的に使うためジッパーケースを、トラベラーズノートパスポートサイズにボールペンを合体させるためミニボールペンを、同時に入手した。

▲トラベラーズノートパスポートサイズ ブルー

トラベラーズノートはオイルを塗ってテカテカさせるより、バサッとしてドライな方がカッコいいと思うのであえてなにも塗らない方針でいきたい。

▲ただの切りっぱなしの一枚の革なんだが、この雰囲気の作り方がうまい

▲ノートが一冊同梱されている

▲ジッパーケースとノートをセットした

さてどうやってボールペンをセットしよう……?

トラベラーズノートパスポートサイズをカスタマイズしてサイフと合体させる

▲ひとまずザーッとカスタムしてテスト運用中

▲表二(表紙裏)に和紙を貼り紙幣用ポケットに

ポケットのサイズや形を調整し、問題無ければ革で改めてポケット作る予定。

▲ジッパーケースはコイン入れに

物理的なキャッシュは持ち歩きたくないが、近所の安い肉屋さんが現ナマのみ対応なのでしかたなく。

次がノートで、ジッパーケース後半にはポケットやカードホルダーがあるのだが……

▲カードポケットを増設した

バイブルサイズシステム手帳のカードポケットを変造して追加。

ジッパーケースに両面テープなどで仮止めしているだけなので、問題無ければしっかりしたものに作り替えたい。

ジッパーケースのカードポケットが2、増設したカードポケットが8で、計10枚のカードが収容できる。

▲表三に和紙で作ったペンホルダーを貼り付け

カードと干渉せず、かつできるだけコンパクトに収まる位置に微調整した。

▲ミニボールペンが

▲トラベラーズノートと合体

スッと引き抜き、カチッとノックすれば筆記の用意が完了する。

トラベラーズノート純正のペンやペンホルダーもあるんだけど、実用性がちょっとね……

雰囲気はいいんだけど。

財布と手帳を合体させることに執念を燃やす

社会人となったころから、サイフと手帳を合体させることに執念を燃やしてきた。

さまざまな手帳をサイフにできないか試してきたが、どれもダメだった。

サイフとしても、手帳としても使いにくくなり、それだったら最初からサイフと手帳を別に持つわ! と。

トラベラーズノートパスポートサイズはサイフ手帳としてどうなのか、テストを重ねてみたい。

スマホがサイフにもなり、手帳にもなる時代なんだけど、完全キャッシュレスにまだできず、ペンでグリグリ書きなぐることはやめられず……