手帳会議で2019年の時間とタスク管理システムに磨きをかける

どうも。手帳とかノートとかの紙の冊子が大好きなカズナリ(@kenkonkenn)です。

2019年へ向け、手帳会議を行ったのでその記録を書いておこうか。

来年も、今年と同じくB5キャンパスノートにバレットジャーナルで時間とタスクを管理し、マインドマップを書きなぐる。

長期目標の管理と、重要な情報のまとめにはバイブルサイズのシステム手帳を。

どこでも持ち歩くサイフ手帳としてトラベラーズノートパスポートサイズを。

ついでに、スケジュールやタスクはデジタルで管理している部分も少なくないので、そこにも触れておこう。

手帳会議ってなに? 来年どんな手帳を使うか考える会議です

「手帳会議」とはなんなのか。

来年、どんな手帳を使うのか、考える時間のこと。

「会議」といっても、誰かと話し合うようなことはしない。手帳とはパーソナルなもの。なにをどう書くか、そのためにどんな手帳を使うのか、ひとりでじっくりと考える時間が手帳会議だ。

来年の手帳は9月ごろから発売されるから(たとえばほぼ日手帳は9月1日発売)、手帳好きな人には9月にはもう手帳会議がシーズンインする。

「手帳病」が重症になってくると、年末にかけて何度も手帳会議を重ね、複数の手帳を購入したりするそうな。というか私も昔はやってたな……

メインの手帳としてB5キャンパスノートにバレットジャーナル

メインの手帳は、2019年もB5キャンパスノートのドット罫線でいく。

見開きに1日を記録し、今日、今やることに集中する。

なにができて、なにができなかったかを、1日の終わりに確認して区切りを付ける。

そのための手帳。

市販の手帳に、理想的なフォーマットはないので、毎日毎日、手書きでノートにフォーマットを書いている。

その他、マインドマップやスマートノート、打ち合わせの議事録、落書きなど、時系列ですべての情報をこれに書いてるので、管理はラクだ。

長期目標の明文化とメインの手帳のまとめにバイブルサイズのシステム手帳

長期的な目標の管理、価値観の明文化に、バイブルサイズのシステム手帳を使っている。

フランクリンプランナーと、クマガイ手帳の手法を取り入れ、20年先までの計画を記入し、毎朝目を通している。

自分がどういう人間なのか、有限の時間の中でなにを優先するのか、ということも明文化してて、これも毎朝読む。

また、B5ノートに記入したことは、あっという間に過去に流れていくので、重要なことはバイブルサイズのリフィルにまとめて綴じ、見返したりしている。

こういうのはもう、デジタルのほうがいいんじゃないかと思うのだが、趣味だから。紙でいい。

まとめにまとめを繰り返し、この手帳にすべての情報がつまっている、というところまで使いこみたい。

バインダーは、KNOXのルッソ。リング径20ミリとけっこうな容量があり、薄いKNOXのリフィルをつかえば大量の情報を詰め込める。

また、ルッソはポケットもペンホルダーも無いシンプルな構造なんだけど、そこが気に入っている。

予備が一冊欲しいぐらいだが、すでに生産されていない。今、所有している一冊も、「ルッソ欲しい!」と思ったときはもう店頭に無くて、あちこち回ってデッドストックを入手したほど。

で、今KNOXのサイトを調べたら後継モデルっぽい「イルブッテーロ」が10月10日に発売、とのことでテンション上がったが、バイブルサイズはリング径16ミリとちょっと小さめで残念。

KNOXは最近、バイブルサイズは16ミリばかりなんだけど、分厚いシステム手帳は売れないから作らない、ということ?

どこでも持ち歩きのサイフ手帳にトラベラーズノートパスポートサイズ

どこにでも持ち歩くための、トラベラーズノートパスポートサイズ。サイフと合体させた。

キャッシュはいい加減持ち歩きたくないのだが、近所の肉屋(美味くて安いカナダ豚肉が売っている)と八百屋(異常に安い)がカードも電子マネーにも対応していないので、仕方なく。そうえいば郵便局もひんぱんに使うんだけど、支払いは現金のみだ。

外出時には必ず持ち歩くサイフとメモを合体させる試みを、もうずいぶん長く続けてて、今のところはトラベラーズノートパスポートサイズをサイフ手帳としている。

はさんでるノートは同梱されてる無地のやつ一冊のみ。ここに書いたことは毎晩見返し、重要なことはメインのB5ノートに転記するようにしている。

明日以降のスケジュール管理にGoogleカレンダー

メインのB5ノートは見開きで1日しか管理できない。明日以降の予定はどうなってるのか。

Googleカレンダーを使っている。

パートナー(嫁)との情報共有がえらく便利なので、明日以降の時間管理はもうデジタルでしか。なので、毎晩毎晩、明日の予定をバレットジャーナルでノートに転記している。

これは一見手間なんだけど、書くことで予定が頭に入り、シミュレーションできるのが利点。

何時に起きて何時の電車に乗って、お客さんのところに何時に訪問して、商談が40分程度で終わるから帰宅が何時で、というのが前日にクリアになってて頭に入っている、というのは大きい。

その横にはタスクも書いてあって(これも前日に転記するんだけど)、タスクオールクリア、というのは至難の業なんだが、「やらなかったら死ぬ」みたいな重要なタスクだけでもなんとかかんとか格好つける、みたいな感じで仕事や家事を回しており、なんの取り柄も無いオジさんが企業後3年半も生き延びてこれたのはこの時間とタスク管理システムのおかげかもしれない。

ということで、来年はこんな感じで手帳を活用しつつ、バレットジャーナルを進化させ(ちょっとずつ変化、進化、洗練させることができるのがバレットジャーナルのメリットだよね)、時間とタスクを管理して事業を伸ばし、収入をアップしていきたい。