ノート術まとめ 本当に役に立つ「ノート本」はこれだ

「ノート術」が大好きで、ノートに関わる本を読み漁り、実践してきた。

ここでは、これまで実践してきた中で、役に立ったノート術の本を、独自にジャンル分けしてまとめておく。

発想のためのノート術の本

あなたを天才にするスマートノート 岡田 斗司夫 (著)

  • ノート見開きに一項目を書く
  • 見開きの右ページから書く
  • ノートを書けるようになるまでの提案もある

天才になることを目指すスマートノート。

ノートを継続できない人が続けられるようになるためのステップアップから提案する。

こう書けば発想が拡がる、スジが通った理論展開ができる、といういくつかの型もあり、ノート書いて考えるなら読んでおきたい一冊。

▲関連記事

天才のノート術 連想が連想を呼ぶマインドマップ

  • 脳の構造を紙に表した独自の記法マインドマップを解説
  • 著者はマインドマップの公認インストラクター
  • 亜流ではない本質的なマインドマップを言語化

マインドマップそのものはノート術ではないのだが、ノートに書くと便利だ。

マインドマップは亜流に陥りやすく、それはそれでもかまわないのだが、創始者のブザンやその公認インストラクターの教えにも、一度は触れておきたい。

著者独自のノート術や思考法も掲載しており、面白い。

新版 図解 仕事ができる人のノート術

  • 一日に一個以上「アイデア」「発想」を出し、ノートに継続的に書き込んでゆく「アイデアマラソン」
  • 役に立たない発想を書き続ければ光るアイデアも出てくる
  • 思考し書きとめる力を養う

著者は「アイデアマラソン」の提唱者。アイデアマラソンを継続していると、脳が常にウォーミングアップされ、獲物をサーチしているような状態となり、メモする量が増える。

時間とタスク管理のノート術の本

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

  • 箇条書きと記号でタスクやスケジュールを管理する

市販の手帳がなじまないときには、ノートに手書きで自分の手帳を作る「バレットジャーナル」がいいかもしれない。

必要に駆られて、そうういのをやってる人はすでに珍しくないが、気恥ずかしいから、あえて「バレットジャーナル」とは言わないのだろう。

洗練されたシンプルさ、あるいはインスタ映えする可愛さゆえに、女性向けのような印象があるが、もちろんそのような制約は無い。バレットジャーナルの本質は、箇条書きで時間とタスクを管理することだ。当然、男がやってもいい。

▲関連記事
▲関連記事

「未来ノート」で道は開ける!

  • ノートにスケジュールとタスクを手書き
  • 今日1日に集中して生きるために書く
  • 継続する

この本には大きな影響を受けた。

著者が書き始めたころのノートが載ってて、その時点ではごく普通のノート。しかし220冊書き続けた結果、現在のノートは異様なオーラを放つ。

ライフログ系のノート術の本

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

  • 一冊のノートを時系列で使う
  • なんでも書く、貼る

大ヒットし、ノート術流行の発端となった「情報は1冊のノートに〜」の新版。

とにかく一冊のノートにすべてを集中し、時系列で記入していく。

複数冊のノートをつかうと「あれはどこに書いたっけ」問題が必ず発生する。防止には一冊使いしかない。

仕事系のノート術の本

  • A3ノート
  • 方眼ノート
  • マッキンゼーのやつ
  • 仕事がデキる人はノートに〜
  • 年収が10倍アップする!フィッシュボーンノート術

(この章工事中)