「歩くのがもっと楽しくなる 旅ノート・散歩ノートのつくりかた」奥野宣之(著)を読んだ

大ヒットしたノート本「情報は1冊のノートにまとめなさい」の著者が送る、旅ノート作りのための本。

ノート術の本というと、たいていは生産性が上がり、仕事ができるようになり、年収が上がり、タスクが片付き、夢がかなうようになるのだが、本書では一切そういったキーワードは出ない。

記録するだけで旅と散歩はおもしろくなる。楽しむためにノートを作ろう、というスタンス。

歩きだから興味を持ったものの前で気軽に立ち止まれる

著者の言う旅や散歩は、電車やバス、徒歩で移動する。車やバイクや自転車は好きではない、と。

徒歩だと、興味があるものの前で気軽に立ち止まり、メモをし、写真を撮ることができるから。

旅の前 途中 後の3段階でノートを活用する

旅の前に行きたい場所をノートに書いておいて具体化する。

旅に出たら、ノート作りの素材となるガイドマップやパンフレットを集める。

道中のメモは「客観的事実」と「自分の声」を書く。

「客観的事実」とは時間、ルート、イベント(起こったこと、やったこと、感じたこと)。

「自分の声」は発見、疑問、思いつき。

写真はメイン機とサブ サブカメラの写真を随時プリントしておく

写真は、メイン機とサブ(スマホやポラロイド)で撮り、スマホの写真を道中のコンビニなどで割り付け印刷してノートに貼る。

メイン機の写真は後でパソコンで管理。とにかく、ノート作りに必要以上の時間をかけない考え。

歩いたルートをノートにまとめると終わった旅をまた楽しめる

旅の後。時系列で集めた材料と書いたメモをノートに貼っていく。気づいたことを書く。

地図に歩いたルートを記入し、ノートに貼る。ネットからプリントしたもの、現地で入手したガイドマップなど。

国土地理院の地図もつかえる。

気になる場所は、古地図や、国土地理院の航空写真(戦前からある)を調べてみるのもおもしろい。

苦行ではなく 楽しむためのノート作り

そもそもなぜ旅ノートを作るのか。

冒頭にも書いたが、本書のすすめる旅ノートを作っても、収入も生産性も上がらない。タスクは片付かない。

しかし、そういった「自己実現系」のノートは書き続けることが苦行だ。書きたくないときもある。

そんなときに、楽しめるノート作りがあれば。

旅ノート作りは楽しい。生産性などどうでもいい。自分の行きたいところに行く。興味を引く地形や史跡や建造物を観察し、メモし、写真を撮る。

帰ったら、それをノートにまとめる。なんと幸福な時間なのか。

船橋市に住みはじめて3年ほどになるんだけど、この地域には中世以前、というか貝塚とかの時代から人が住んできた歴史が積み重なっていて、歩いているだけでおもしろい。おどろくような建物や地形に出くわす。

本書がすすめる手法で散歩すれば、もっと楽しめそうなので、地図を用意し、図書館で船橋市史なんかも参照しつつ、歩いてみたい。