サバ缶のオメガ3は酸化していない! オススメのサバ缶と美味い食べかたはこれだ!

パレオダイエットを実践するにあたり、魚を食べる量を増やそうとしている。

魚の中でも、食べやすくて栄養が豊富なのがサバ缶。

サバはオメガ3が豊富だし、動植物性タンパク質としてこれほど優秀な食材はない。

でもサバ缶って加熱してるからオメガ3が酸化してるんじゃない?

しかし、思わぬところからサバ缶のオメガ3は大丈夫だよ、という情報が!

缶詰にしてから煮るからサバ缶のオメガ3は無事なんです

▲美味くて無塩、伊藤食品のサバ缶

仕事上、食品製造関連の方とのおつきあいが多い。先日、缶詰メーカーの中の人から、サバ缶の製造方法をきく機会があった。

生のサバを切って、塩と水とともに缶につめて、加熱するそうな。

つまり、酸素が無い状態で加熱するからオメガ3は酸化してない、と。

▲中の人がその場で見せてくれた動画

これは鮭なんだが、確かに生の魚を缶詰にしてから加熱している。

▲しかしYouTubeの「次の動画」でイワシの缶詰の作り方が流れ、こっちはフタをする前にしっかりと加熱して煮汁を捨てている……

サバ缶はホントに大丈夫?

中の人によれば、鮭とサバは作り方同じだそうで。

サバ缶はちょっと高いが脂がのった国産がオススメだ

ということで、パレオダイエットと、オメガ3のために、サバ缶を食べていくことにした。

しかし、スーパーの最安値のサバ缶ってうまくない。脂が少なくパサパサしてるというか。

安いサバ缶は製造国がタイなど南方の国で、そのあたりの水温が高いからサバに脂がのっていないらしい。

脂が少ないということはオメガ3も少ないということ。

どうせなら、脂がのった、オメガ3が多い国産のちょっといいサバ缶を食べたい。

ということで高いサバ缶をあれこれ食べ比べ、最終的に伊藤食品のサバ水煮缶の食塩不使用のやつにたどり着いた。

▲美味いサバ缶を供給し続ける伊藤食品。青缶が食塩不使用とおぼえておこう

最近は、ものすごくでかい缶だったり、オリーブオイル漬けだったり、高級なサバ缶が増えている。

しかし、

  • 美味い
  • 常食できるコスパ
  • 脂のノリがいい
  • 食塩不使用でパレオダイエットにもピッタリ

といった条件を満たすのは、伊藤食品の「サバ缶水煮食塩不使用」だけだった。

特に塩が入っていないのがいい。

サバ缶はオメガ3のために汁もすべて取りたいが、塩が入っていると塩分取りすぎが心配なのよね……

伊藤食品の食塩不使用サバ水煮缶を食べてみる

▲箱買いでリピート

▲うれしい食塩不使用

▲24個入り

毎日忘れずにスーパーでサバ缶を買う、というタスクから24日間は逃れることができる。

▲塩味がついていないサバ缶というのは他に無い

▲たっぷり脂が浮いている。オメガ3!

▲身が大ぶりでしっかりしている

▲柔らかく、骨までまるごといただける

そのまま食べてみると、塩が入っていないので、当然味気ない。

しかし、しっかりしたサバのうま味が舌にひろがる。

▲大根おろしとともに

▲大根おろしをたっぷり乗せ、ポン酢醤油をたらす

サバのうまさが引き立つ。サバってこんなにうまかったんだな。

これだけで、ごはんのおかずとして十分だ。

サバ缶味噌汁をうまくするコツ

大根おろしで食べるサバ缶もうまいが、味噌汁にするとまたサバのうまさに奥行きが出る。レシピはまたそのうち別途書くが、コツをまとめておこう。

まず、缶詰の煮汁もすべてつかうこと。煮汁にはオメガ3がたっぷりと溶けだしているからだ。

次に、野菜などを煮たあとに、火を止めてからサバ缶と味噌を入れようグラグラ煮るとオメガ3が壊れるし、サバの風味もなくなる。味噌も火を止めてからのほうがいいよ。

そして、よい味噌をつかうこと。スーパーの棚にはいろいろな味噌が並んでおり、かなりの価格差がある。いちど、いちばん高い味噌をつかってみてね。おどろくほどみそ汁の風味が違う。

毎日の味噌汁が、それはもう美味くなるので、費用対効果はとても高くなるはず。

▲食塩不使用のサバ缶が増えて欲しい……