パレオダイエットでタフな原始人ボディを作り上げる

パレオダイエット(原始人食ダイエット)を実践しているんだけど、これをさらにレベルアップさせてタフで老化しない肉体を作り上げたい。

さらには、食生活だけでなく、ライフスタイルそのものを原始人のようにシンプルにしていきたいなー、と考えてる。

カラダは原始人のころから変わってないんだから食事も原始人と同じにしたほうがいいんじゃない?

パレオダイエットについては以前に書いた。

▲関連記事

人間のカラダは農業が始まった1万年ぐらい前から変わっていない。

農業スタート以後に人間が食べ始めた穀物、豆類、乳製品、食塩、砂糖、加工油などはカラダが対応できずトラブル(食べ過ぎ、肥満、アレルギーなど)の元となる。

だから、農業がスタートする前の旧石器時代に人間が食べていたはずの魚介、鳥、野菜、キノコ、ナッツなどを食べてたら健康になるんじゃない? というのがパレオダイエットの考え方。

現存している狩猟採取民には肥満の人がおらず、生活習慣病やうつ病などもなく、健康で幸福度も高いことが、パレオダイエットのひとつの根拠となっている。

パレオダイエットで20キロやせた

ぼくは以前、体重が100キロ以上あった。6〜7年前にダイエットして現在は82キロ程度に落ち着いている。

当時はパレオダイエットを知らなかったが、インスタント食品を減らす、外食を減らす、野菜を増やす、といったパレオダイエットに近い方法で体重が大きく減った。

その後、パレオダイエットという考え方を知り、パレオダイエットこそ最強のダイエットなのでは! と思って継続している。

▲現在のカラダ

いやー、これはちょっと盛りすぎかな。腰ひねってななめ上から撮影すると逆三角形に写るんだよね。

▲現在その2

脱力して正面から撮った。

太っているころの写真と比較したいのでMacを検索中……

パレオダイエットをレベルアップしてさらに体重を落としたい

前出の「パレオダイエットの教科書」でいえば、現在はレベル4か。

▲パレオダイエットの教科書より

しかし、もうひと絞りしたい。

体重を75キロまで落とせば、腹筋がビシッと割れてくるはず。

▲パレオダイエットの教科書より

レベル5。条件的にはこれに近いところまで来てるから、緑黄色野菜を増やしていこう。

食事だけでなく 「原始人ライフスタイル」をまねていきたい

パレオダイエット、あるいは原始人食ダイエットを実践してきて、無理なく体重が落ち、健康になっている実感はある。

これをさらに拡大し、食事だけでなく、原始人のライフスタイルも取り入れていきたい。

日の出とともに起き、獲物を追い(=仕事する)、自然に近いものを食べ、日が落ちたら眠る。

先ほども書いたように、地球各地に現存している狩猟採取民には肥満の人がおらず、生活習慣病やうつ病などもなく、健康で幸福度も高いという。

たとえば、狩猟採取民は空腹時間が長い。

空腹時間が長いと、カラダの調子がよくなり、摂取カロリーをおさえることにもなり、アンチエイジング効果もあることがわかっている。

ぼくも、リーンゲインズ(空腹時間を16〜18時間とるカラダ作りの手法)を数年間継続してるけど、確かに体調はいい。

原始人のライフスタイルをまねて、シンプルに。

病気や悩みは少なく生きていきたい。