Amazonプライムデーで激安カーボン三脚「Fotopro X-Aircross1」を買ったら空気のように軽かった

今年のAmazonプライムデーではいくつかのものを買ったんだけど、「これスゴいなー」と驚いたのがFotoproのカーボン三脚「X-Aircross1」。

なにしろ約15,000円という激安価格!

カーボンの4段トラベル三脚が15,000円って大丈夫なの?

X-Aircross1、プライムデー価格で15499円という驚きの価格だった。アルミじゃなくてカーボンですよこの値段……

なお、通常価格でも23,793円と、カーボントラベル三脚としては破格の安さ。

現物見ずに買うのは不安なのでググってみたら、以下の記事がヒットした。

今年のCP+観にいったけど、X-Aircross1は記憶に無いな……

Amazonレビュー読む限りはいい製品みたいだし、まあいいかと購入してみた。

Fotopro X-Aircross1を開封する

▲届いた

箱の時点ですでに軽すぎて不安になる。

▲三脚本体は815グラム

▲持ち運び用のケース入り

▲三脚本体が異常に軽い

▲軽すぎる

カメラ屋さん店頭でトラベル三脚を何度も触ってきたが、別次元の軽さ。

▲雲台

安っぽさはない。

▲レバー

ダイヤルやレバーの節度もよく、どこにも安っぽさがない。

▲脚のロック部分

脚の伸縮ロックはレバーやナットでなく、ひねりで。こういうのはじめて見た。

後述するけど、ここに不具合が……!

▲雲台とクイックシュー

クイックシューも十分な品質。

▲安っぽいところが全然ない

というわけで「どこかでコストダウンしてて残念な部分あるはず」と覚悟してたがまったく品質に不満はなかった。

最近の中国製品の品質高い……

X-Aircross1とアルミ三脚の重さを比べてみよう

▲カーボンの模様にウットリする

815gがどれほど軽いのか。

ポピュラーなアルミ4段トラベル三脚と比べてみると……

マンフロットのBefreeが1.4キロ。

X-Aircross1のほうが585グラム軽い。

そのぶん、Befreeのほうが剛性が高く、重いものを乗せても大丈夫。

とはいえ、X-Aircross1でも耐荷重は2.5キロと十分。

脚がロックされないという致命的な不具合があったのでAmazonに連絡したら

ところで、届いたX-Aircross1、伸ばした脚が1カ所だけロックされないという不具合があった。

X-Aircross1は脚のロック機構を簡略化しており、ヒネるだけでロックできるんだけど、いくらヒネってもロックされない。カメラ乗せると脚が勝手に縮んでいく。

これは致命的なのでAmazonに交換を申し出た。

▲右が交換品

すると翌日には交換届いた。なんて速い対応……

交換品はロック機構に問題なかった。

この脚のロック機構、ひねって伸ばしてひねるだけで三脚の脚を固定できるので、慣れてくるとものすごく速く三脚をセットできる。

レバーやナットが存在しないから、かさばらずコンパクトになる利点もある。

いっぽう、レバーやナット式と比べると、華奢な気もする。

そのへんはこれから検証しつつ、X-Aircross1を使い倒しているうちに次に必要な三脚も見えてくるだろう、と。