トイレの照明スイッチがこわれたのでDIYで修理してみたら大変だった件

トイレのスイッチがこわれた。

部品の番号をググり、アマゾンで発注してDIYでなおそうとしたら手順をまちがえ、えらく大変だった。

次のときのためにメモを残しておく。

トイレの照明スイッチをまずは素手で分解してみる

▲トイレのスイッチ。照明と換気扇の2段。照明のほう、押しても手応えがなく、照明が付かない。

▲分解してみる。このパネルは素手ではずせる。

▲スイッチのパネルも素手ではずせる。

水色のパーツが押しこまれて、中の接点がオンオフするはずなんだが、手応えがない。

この水色のパーツも素手ではずせた。

▲水色のパーツの中には板バネが入っていて、これが折れていた。

スイッチのパネルの裏側に型番らしきものが書いてある。

WT3032W

ググってみた。

スイッチパーツの型番がわかったのでググって詳細を調べる


▲これかな。でもこれはパネル単体のよう。

さらにググり、中のスイッチの型番は「WT50519」であることがわかった。

▲WT50519

▲アマゾンで発注し、2日で到着。手前の黒い箱に水色のパーツがついたのが、WT50519だ。

これまるごと交換するのはめんどうそう。水色のパーツの中の、折れた板バネだけ交換できないだろうか。

WT50519はモデルチェンジしていた

▲やってみたが、スイッチが入らない。既存のものと新しく買ったものでは、黒い箱の中にあるスイッチのかたちがちがう。モデルチェンジしたんだろうか。

パーツまるごと交換するしかないか。

破壊しながらのスイッチパーツ交換

ここから先は、感電するとアレなので、ブレーカーを落とし、懐中電灯で照らしながら作業した。そのため、写真を撮るよゆうがなく。

それにしても、手順をまちがえて大変だった。

正しい交換作業の手順を先に書いておこう。

  1. ネジ止めしてある白い枠をはずす。
  2. その下の、スイッチがはまっている金属の枠をはずす。
  3. スイッチを金属枠の裏側から引き抜く。
  4. スイッチ裏側の配線を抜く。配線横のみぞにドライバーを差し込めば抜けるようになっている。
  5. 新しいスイッチに配線を差し込む。
  6. 新しいスイッチを金属枠の裏側からセットする。
  7. 金属枠を壁に固定し、白いプラスチック枠を固定する。

この作業で注意するのは、2.の「金属枠のはずしかた」だ。

スイッチがはまっている壁は石膏ボード。石膏ボードには釘もネジもきかないので、石膏ボードの表と裏から金属枠とネジではさみこみ、スイッチを固定するしくみになっている。

金属枠をはずすため、上下2カ所のネジを完全にはずしてしまうと、裏側の金属枠が下に落ちてしまい、詰む。途中で気づいてよかった!

下のネジだけ完全にはずし、上はゆるめるだけで金属枠を引き抜くことができる。

実は、なにをかんちがいしたか、金属枠が壁にはまった状態でスイッチパーツをはずそうとしてしまい、ペンチでバリバリと破壊しながら引き抜いてしまった。

と書くと簡単だけど、20分ぐらい、延々とペンチでバリバリメキメキ。旧スイッチパーツは粉々。途中でおかしいと気づいたものの、引き返すこともできず……

このスイッチ交換作業、なれれば30分かからないはず。今回は、上記のように回り道しながらだったので100分以上かかってしまった。

次、どこかのスイッチがこわれたら、今回よりは短い時間で交換したい。

もうやりたくないけど。