館山湾の隠れ家的なちょっといいホテル「rokuza」に泊まった

房総半島に出張に出かけた。一泊目は奮発して、ちょっといいホテル「rokuza」を予約してみた。

予想以上に贅沢で、いい気分になれた。

▲rokuzaに向かう前の関連記事。

館山湾の北 那古海岸にひっそりとたたずむrokuza

rokuzaの場所。

内房なぎさラインを車で進むと、看板が見えるはず。

ホテルのすぐ前に駐車場がある。私のマークX(レンタカー)。

玄関。それほど大きな建物ではないが重厚でラグジュアリーな雰囲気。

海側から建物全景。

rokuzaロビーでチェックインし 那古の海を散策する

ロビーに通される。なんかいちいちカッコいい。

奥にフリーのエスプレッソマシンあり。クッキーもフリー。あとでエスプレッソをグビグビ飲んでクッキーバリバリ食べた。

チェックインの手続き中、フルーツフレーバーティーと生チョコが供される。

部屋に荷物を放り込んだら、日が沈む前に海岸を歩いてみよう。

弊社アルバイト、運転しないのでメチャ元気。

那古の海に日が沈む。

海はいい。

穏やかな天気で波はなかった。

ゴミ捨てたらダメ。

バイト、棒きれはまず手に持つ。子供か……

なんなんだろうなこの桟橋。

小さなトラクターさえ、海辺は絵にしてしまう。

一品一品に技が冴えるrokuzaの食事

腹が減った。戻って夕食にしよう。

前菜。真ん中のはキャベツのすり流し。美味い。

椀もの。汁の出汁かげん、塩加減が絶妙。これがプロの技か。

海が近いから当然魚は美味い。

これは懲りすぎてなんだかよくわからなかった。

わかさぎを揚げたやつ。巻いた皮の内に仕掛けがあり。

あさりごはん、みそ汁、香の物。すべてが洗練され、計算されている。

味の解像度が高い。

デザート、食べたことないものばかりでうまく語れないが美味かった。

rokuzaの露天風呂付き部屋のようす

おっとそういえばまだ部屋の写真を載せてなかった。部屋へ向かおう。

部屋。ラグジュアリー。ソファが人をダメにする。

冷蔵庫の飲みものはすべてフリーです、という説明があったので即座にビールを引っ張り出して飲み干した。

朝。この部屋の欠点、ワークデスクが無いこと。

ここに来たら仕事してる場合じゃないということか。

部屋に露天風呂がついている。写真だと角度が悪いが、湯船につかると海を見渡せる。

チェックアウト。名残惜しいが次の仕事が私を待っている。

また来たい。アディオス!

このあと訪れた「濃溝の滝」と「亀岩の洞窟」の記事は以下に。